便秘もニキビの素となるので注意するように

便秘もニキビの素となるので注意するように

便秘になってしまう原因はいくつかの事があります。
そのいくつかの原因を挙げてみたいと思います。

 

便秘もニキビの素となるので注意するようにしましょう。

 

食生活の乱れや

 

便秘の大きな原因の一つと言えるのが食生活です。

 

食生活と一言で言っても様々な原因が考えられるのです。その中も最も重要になる事は繊維不足でし。
普段から野菜よりもお肉やお魚を多く食べるという人は栄養は取れていても繊維不足(野菜不足)によって便秘になりがちです。

 

また中には野菜はバランス良く食べているけど便秘がつだと言う人も中にはいます。そんな人は食事をとる時間帯で便秘になりがちになっている場合もあるのです。
例えば朝は何も食べないけれど、午後になり一度に沢山の物を食べて、二食目は夜遅い時間に食べる。食生活は内容も大事ですが、食べる時間帯や一度に大量に食べたり、小食過ぎる事も便秘を引き起こす原因となるのです。

 

水分の不足

 

便秘になりがちな人に多く見られるのは水分不足です。

 

水分と言っても珈琲やアルコールで充分摂取していると言う方もいますが、それは大きな間違いです。

 

便秘にならない様に、または解消する為の水分とはミネラルウォーターや白湯(お茶系ではノンカフェインの麦茶やほうじ茶など)を充分にとる必要があります。目安としては朝に350cc昼に350cc夕方に350cc夜に350ccくらいを飲む事が目安です。
また目覚めの白湯350ccは便通を促し効果があるのでお勧めです。

 

適度な運動

 

便秘と運動不足は密接な関係があります。適度に体を動かすことで胃腸の動きもスムーズになるので、運動が逃げてと言う方でもウォーキングやストレッチ程度をして、なるべく体を動かすことで胃腸の動きも活発になっていくと言われています。
どうしても歩くことやストレッチが難しい人はお腹を時計周りに手の平でさする(軽く押す感覚で)事も便通を促す効果に繋がります。

 

便秘は万病のもとに繋がる場合もあるので、出来れば自然な形で体に負担がなく毎日便通がある事が好ましいので、自分にあった便秘対策を見つけたいものです。