アルガンオイルはなぜアンチエイジングに良いのか?

アルガンオイルはなぜアンチエイジングに良いのか?

アルガンオイルはモロッコに自生する植物アルガンツリーの種から抽出したオイルです。

 

 

アンチエイジング効果があるとされ、美容液やエステサロンのマッサージオイルなどに用いられています。アンチエイジング効果をもたらす成分として、まずビタミンEがあげられます。肌の老化は肌細胞の酸化によって引き起こされますが、ビタミンEはその酸化を防ぐ作用が確認されています。アルガンオイルにはビタミンEが豊富に含まれており、その量はオリーブオイルの3倍にもおよびます。

 

 

 

 

抗酸化作用のある成分については他にパルミチン酸、ステアリン酸が含まれています。肌のケアにアルガンオイルを取り入れる場合、普段使用している化粧水の代わりにアルガンオイルを塗布するという方法があります。

 

 

 

 

洗顔後や入浴後に適量を手に取り、手のひらで温めてから顔に馴染ませます。アルガンオイルは保湿効果も持ち合わせているため、肌の水分補給に役立てられます。顔だけでなくボディにも使用可能です。また、ヘアケアにもアルガンオイルを用いることができます。アルガンオイルには髪のアンチエイジング効果もあり、具体的には白髪や抜け毛を予防します。

 

 

 

それらの共通の原因は頭皮の血行不良。アルガンオイルで頭皮マッサージを行うと頭皮の血行が改善され、健康な髪の育成がうながされます。ビタミンEをはじめとする抗酸化作用のある成分が含まれていることから、アルガンオイル自体酸化しにくいという特徴があります。未開封の状態で2年保存することが可能です。酸化しづらいとはいえ、管理方法に問題があれば酸化が早まる恐れがあります。

 

 

 

アルガンオイルが参加してしまう要因は空気、光、熱です。容器のふたをしっかり閉め、直射日光の当たらない涼しい場所での保管が適切です。また、販売までのボトル詰めなどの段階ですでに酸化しているケースもあります。そういったことを避けるために品質保証ラベルが記載されている商品を選びましょう。